金田久美子プロフ

金田久美子(かねだくみこ、1989年8月14日)は、愛知県名古屋市出身の女子プロゴルファー。

3歳でゴルフを始める。8歳の時には「世界ジュニア選手権」(10歳以下の部)を制し、タイガー・ウッズに並ぶ記録を作った。その後も「日本ジュニア」、「世界ジュニア」、「中部女子アマチュア」などの数々のアマチュアの大会で優勝。

プロのトーナメントでは2002年にリゾートトラストレディスで最年少予選通過記録(12歳9ヶ月)を作った。2004年はゴルフ5レディスで3位タイ、2006年はニチレイPGMレディスで4位タイ、2007年はベルーナレディースで4位タイに入った。

2008年度はプロテストで1打足りず不合格。年末に行われたクオリファイングトーナメントでトップ通過を果たし、ツアーへの参戦資格を得る。

2010年5月22日、第28回中京テレビ・ブリヂストンレディスオープン2日目、愛知県豊田市の中京ゴルフ倶楽部石野コース12番ホールにて、自身初のホールインワンを達成。

2011年4月24日、第30回フジサンケイレディスクラシック最終日に前日の8位から5打差を逆転してツアー初優勝。

タイガー・ウッズに憧れ、また、「辻村明須香のような強くておしゃれなゴルファーになりたい」と語る。そのため、他の女子プロゴルファーと比較してもきらびやかなメイクを施し、ネイルアートやギャルファッションでコーディネイトしているため「ギャル + ゴルファー」でもじってギャルファーと自称している。

芸能人ブログ全集