モーモールルギャバンプロフ

モーモールルギャバンは、2005年に京都で結成された日本のロックバンド。

2005年4月、ゲイリー・ビッチェ(ドラムス&ボーカル)が、半ば強引に友人を説得して活動開始。

当初はギターも入った5人編成(ゲイリーはボーカル&ギター)だったが、ドラム、ギター脱退後はゲイリー(ドラム&ボーカル)、マルガリータ(ベース&コーラス)、ユコ(キーボード&ボーカル&銅鑼)の3人で活動を継続。

2009年3月に開催されたFM802主催「MUSIC CHALLENGE 2008」にてグランプリを獲得。

2009年11月にはデビューアルバム『野口、久津川で爆死』が全国発売される。

2010年6月には、2枚目のミニアルバム『クロなら結構です』がビクターエンタテインメントのレーベル「Getting Better」より発売された。

そして2011年3月にはメジャー初のフルアルバム『BeVeci Calopueno』を発表した。

ゲイリー・ビッチェ(矢島剛) - ドラム/ヴォーカル。群馬県出身 12月9日生まれ 射手座 A型

T-マルガリータ(丸山知秀) - ベース/コーラス。群馬県出身 9月25日生まれ 乙女座 O型

ユコ・カティ(尾家祐子) - キーボード/ヴォーカル/コーラス/銅鑼。奈良県出身 2月24日生まれ 魚座 B型

音楽性偏愛に満ちた歌詞とポップスからアヴァンギャルド、ジャズ、プログレ、ファンク、ソウルと多岐にわたる曲調でゲイリー・ビッチェ曰くJ-POP。

演奏面ではゲイリー・ビッチェ、T-マルガリータによるうねるリズム隊と、ギターパートも補うユコ・カティの歪んだエレクトリック・ピアノ、オルガンが特徴的。自称西のクラムボン。

逸話・その他モーモールルギャバンと言うバンド名の由来は、ゲイリー・ビッチェが住んでいる京都の桃山御陵前の「モーモー」、常備薬「ルル」、尊敬する宇宙刑事「ギャバン」から。

「野口、久津川で爆死」の野口とは、モーモールルギャバンの前のドラマーの事である。


芸能人ブログ全集