和音美桜プロフ

和音美桜(かずねみおう、1983年4月21日)は元宝塚歌劇団宙組の娘役。

大阪府大阪市出身、甲南女子中学校卒。

身長160cm(公称)、血液型はO型(本人いわく家族全員がO型)。

愛称は「たっちん」。四人姉妹の長女。すぐ下の妹もタカラジェンヌで、月組の琴音和葉(2004年入団)。

幼少期からピアノを習っていた。ミュージカルや宝塚が好きで舞台に立つことに憧れていた。 しかし当時は「歌が苦手」で走ったり、体を動かすことが好きなタイプで、合唱でも口パクだったという。

1999年、宝塚音楽学校入学。第87期生。

2001年、宝塚歌劇団入団。「ベルサイユのばら2001」で初舞台。同期には早霧せいな、龍真咲、沙央くらま、晴華みどり、夢乃聖夏、音花ゆりらがいる。

2004年12月、外部公演「WEST SIDE STORY」にヒロインのマリア役で出演。櫻井翔の相手役を務め、外部からも高い評価を得た。

2006年、「維新回天・竜馬伝!/ザ・クラシック」ではエトワールを務め、新人公演ではヒロインのお竜を演じた。翌2007年「バレンシアの熱い花」では令嬢マルガリータ役では、再演に当たり新たに歌が追加された。同年にはバウ公演「THE SECOND LIFE」でヒロインを務め、歌唱力に定評のある北翔海莉とのデュエットを聴かせた。

2008年、「黎明の風」トップ娘役陽月華が休演し、急遽和音が代役でヒロインとなるが、陽月の分まで好演した。また、同年には「殉情」でヒロインの春琴を演じ、大阪出身らしく作品世界にあった舞台姿・演技が好評を博した。

大きな役が続き、実力派の娘役として期待を集める中、2008年12月27日「パラダイス・プリンス/ダンシング・フォー・ユー」の東京公演千秋楽を最後に退団。当時の宝塚有数の歌唱力の持ち主であり、退団はとても惜しまれた。

退団後も「歌は何らかの形で続けていきたい」と語っており、2009年には単独でのディナーショーを開催する等、新たな活動を開始した。


主に歌唱力が非常に高く評価されていた。ソロ場面を数多く与えられただけでなく、同期の華城季帆・音花ゆり・晴華みどりとともに、童謡CD「Quatre Saisons」を発売した。

演技にも安定感があり、新人公演でもベテラン脇役の役を複数回演じた。明るくクリアな声質で、芝居っ気のある歌・等を得意としていた。

芸能人ブログ全集