ライオネス飛鳥プロフ

ライオネス飛鳥(らいおねすあすか、1963年7月28日)は、日本の元女子プロレスラー、タレント。本名は北村智子(きたむらともこ)。東京都出身。シンクバンク所属。A型

埼玉県立蓮田高等学校を中退後、1980年に全日本女子プロレスに入団、同年5月10日にデビュー。後に長与千種とのクラッシュギャルズで一大ブームを巻き起こす。1981年には全日本ジュニア・チャンピオン。1982年には全日本チャンピオン。1984年8月にはクラッシュギャルズがWWWA世界タッグ王座を獲得、さらに同年8月、「炎の聖書」で歌手デビュー。1989年春に現役を引退。

引退後は女子プロレスの解説をしながらタレント活動を始め、1990年には「のぞみウィッチィズ」で映画デビュー。また日本自動車連盟(JAF)の国際A級ライセンスを取得し、カーレースにも出場。1994年10月に行われた全女の東京ドーム大会にて女子プロレスラーとして現役復帰、ジャガー横田・バイソン木村と共に『雷神隊(ライディーン・アレイ)』を結成するが、ブランクと甲状腺疾患による体調不良から思うように試合が出来ず、苦しい日々を過ごす。

その後、吉本女子プロレスJd'にフリーランスとして戦いの場を移し、ブランクと甲状腺疾患を克服しヒールに転向。イーグル沢井やシャーク土屋と組み、Jd'のみならず、FMWやLLPWでも活躍の場を広げる。この時期に幾度となく繰り広げられた井上京子とのハードコアシングルマッチは評価が高い。1998年12月27日後楽園ホール大会にてGAEA JAPAN初登場。1999年4月4日、9月15日に行なわれた長与千種との2度に渡る凄絶なシングルマッチを経て、2000年3月12日に再結成を宣言。2000年5月14日に行なわれたGAEA旗揚げ5周年記念有明コロシアム大会で「クラッシュ2000」として再始動。この有明大会での観客動員数は8000人を超え、クラッシュ復活を観ようと観戦バスツアーも組まれた。その後はアルシオンに参戦し、浜田文子からクイーンオブアルシオンのベルトを奪う。アルシオン消滅後は主にGAEAに活動の場を戻すが、首の故障により2004年11月3日の後楽園ホール大会で引退を発表。翌年2005年4月3日、GAEA JAPAN横浜文化体育館大会にて引退。

現在はGAORAなどでの解説を主としてタレント活動している。

芸能人ブログ全集