ラサール石井プロフ

ラサール石井(ラサールいしい、1955年10月19日)は、日本のお笑いタレント、俳優、声優、演出家。

本名、石井朗夫(いしいあきお)。

旧芸名、石井章雄=読みは本名と同じ。

血液型はO型。

愛称は「ラサール先生」。

大阪市住吉区帝塚山出身。

石井光三オフィス所属。

実家は惣菜屋。

1970年代から1980年代にかけ、関西の有名学習塾「入江塾」で受験勉強をし(遅刻防止のため住み込みで通っていた)、鹿児島市の私立ラ・サール高等学校に合格(同時受験の灘高校には不合格)。

早稲田大学第一文学部仏文学科(東京大学も受験したが不合格)在学中に劇団テアトル・エコー養成所に入所。

また、同大学ミュージカル研究会にも所属していた。

その後、養成所で一期下の渡辺正行、小宮孝泰と共にコント赤信号を結成。

芸能活動のため大学を中退。

1990年代にはテレビ番組『目撃!ドキュン』(テレビ朝日系)や深夜番組『おとなのえほん』(サンテレビ)などで司会を担当。

また、お笑い界きってのクイズ王であり『オールスター感謝祭』(TBS)など数多くのクイズ番組で優勝経験を持ち、インテリ芸能人として知られる。

『たけし・逸見の平成教育委員会』では、同郷出身の辰巳琢郎と共に優等生として活躍した。

辰巳とは、後にキリンビール「秋味」のCMや『決戦!クイズの帝王』でも共演している。

1996年から放送されたテレビアニメ『こちら葛飾区亀有公園前派出所』では主人公・両津勘吉の声を担当している(両津役以外の声優活動はほとんどしていない)。

同作品の舞台版では、同じく両津役として出演した他、脚本・演出も担当。

2009年放送のドラマ版こち亀では両津勘吉の父親・銀次役で出演した。

当初は両津勘吉役でオファーが来たが本人が断り、香取慎吾に決定したという経緯がある。

年に1度行われるイベント『M-1グランプリ』には、2001年の初回から計6回審査員を務めている(2006年、2008年、2009年は除く…石井の代わりに出演したのは2006年は南原清隆、2008年・2009年は渡辺正行)。

また、『R-1ぐらんぷり』でも2009年以降審査員を務めている。

2010年1月には長年の強烈な学歴コンプレックスを解消すべく、大学入試センター試験を受けたとされている。

2011年1月、32年間連れ添い、15年前から別居していた妻と正式に離婚が成立した。

芸能人ブログ全集