日本の学校に驚いた河北麻友子


モデルでタレントの河北麻友子さん(27)が、1月8日に放送された関テレ「ちゃちゃ入れマンデー」に出演し、芸能活動を始めるにあたり、堀越高校に入学した際に“ビックリしたこと”について語ったとか。

(以下引用)

米ニューヨークで育った河北は、堀越高校で決められていた「校門入るときに一礼する」という校則に「一礼しなきゃいけない? 何に一礼してるんですか?」と驚いたそう。

そのため「いつもスルーしてました。なんでみんな止まってるんだろうって」と、自身は意味が分からないので従わなかったが、結果、「すごい怒られた」という。

また、「あと上履き? (アメリカには)上履きってないんですよ」「なんで靴を履き替えるのかが分からなくて」と疑問を抱き、「だから私は上履き持って行かずに、来場者用のスリッパ履いてました」と語った。

河北は昨年6月に放送されたバラエティ番組「1周回って知らない話」(日本テレビ系)に出演した際にも、堀越高校の厳しい校則に言及。

同校には「男女交際は禁止、ピアス禁止(開いている穴はふさぐ)、茶髪は禁止、学校周辺のコンビニ立ち寄り禁止」といった校則があり、ピアスの穴をチェックされたり、肌着の色も指定されていて、月に1回の身だしなみ検査があることに「ヒマか!」と怒り、毒づいていた。

(引用元 Narinari.com)

この話題にネットでは

「郷に入っては郷に従え」

「校門前でするのは珍しくない?授業前後はするよね」

「校門入るときに一礼するなんて習慣、ないわな。そこの学校が特別なんじゃないかな」

「校門に一礼は、聞いたことないな。そりゃ確かに何のために?って感じになるわw」

「練習試合で、お邪魔するときは、校門とグランドに必ず礼してたな」

「今回はあれだけど、でもこういう人いないと理不尽な伝統って中々変わらないよね」

「鳥居をくぐる前に一礼するのと同じ意味でしょ。勉強出来ることって大事で貴重なことなんだよ」

「私も一礼してた。あれも一種の洗脳だよね。皆なにも文句言わずにやってたもん」

「帰国子女て絶対こういう事言ってマウントとるよな」

「理由の説明出来ない校則は廃止すべきだよねぇ」

という声も。


名前 ナリスマシ対策

コメント


コメントはまだありません

芸能人ブログ全集