ファンの過剰行為に大倉忠義苦言


関ジャニ∞の大倉忠義さん(33)が11月8日、携帯専用サイト「Johnny’s web」内のブログを更新し、一部ファンの過剰な行為に苦言を呈したとか。

(以下引用)

大倉は「賛否あるだろう事をわかった上で書かせていただきます」と前置きした上で胸の内にとどめていた思いを吐き出した。

番組観覧の募集をしている収録の場合に駅や空港に女性がいるが、一部ファンが執拗に追いかけ、一般人に体当たりをするほか、カバンの中に物を入れるなどルールを守らない人がいると告白。

「身勝手な行動が精神的に辛いです。このまま耐え続けられるのだろうか」と苦しい胸の内を赤裸々に書き綴った。

さらには、プライベートで友人と食事をしている際に駅などにいつもいるファンが横のテーブルにいることもあり、「ストーカー行為ではないのか」と苦言を呈した。

これまでは「無視することが最大の抵抗」と考えていたが、「もう、ストレス以外のなにものでもない」と書くことを決め、「原因不明の病気がストレスのせいだと言われたりもする。寿命が縮まっているのではないかとも感じる」と告白した。

大阪の番組収録に行くことが「憂鬱」と感じながらも、待っているファンのために前を向いて一歩を踏み出している。

「ルールを守って会いに来てくれるファンの子に申し訳ないし、失礼なのではないのだろうか」と規律を守って応援してくれるファンの気持ちも思いやっている。

最後は「普通の人に戻る方がよっぽどらくだろう。そろそろ限界だ」と悲痛なコメントで結んでいた。

(引用元 デイリースポーツ)

この話題にネットでは

「こういう付きまといとかする人はファンじゃないよ」

「接客型のアイドルビジネスが出てきてから芸能人とファンとの関係がおかしくなり勘違いを生んだと思う」

「大倉くんの文章は、耐えられなくなって書いたものだろうけど、ジャニーズのタレントさんみんなが感じていたり、感じたことなんだと思う」

「大倉君がここまでハッキリとブログに書くということは、事務所もストーカーの身元は把握していて、最後通牒なのかな」

「女性アイドルのストーカーが逮捕される話はよく聞きますが 男性アイドルはあまり聞きませんね。 法的処置を考えてもいいのではないでしょうか」

「一定の距離でいるからこそファンであって、度を越したものはファンでも何でもないと思う。事務所がしっかりと守ってあげてほしいし、プライベートにまでつきまとうのは以ての外。」

「1部のストーカーにしてみたら、自分を知って欲しい、近くにいたい、存在をアピールしたいんだろうけど、本人からしたら物凄く気持ち悪い以外の何でもないんだろうなぁ。これを見て「私の事書いてる」とかなっちゃってたらもう逮捕した方がいい」

「そんな気のおかしい人には、どんな言葉で訴えても届かない」

という声も。


名前 ナリスマシ対策

コメント


コメントはまだありません

芸能人ブログ全集