「イッテQ」の人気企画やらせ疑惑


日テレ「世界の果てまでイッテQ!」の人気企画である「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」にやらせの疑いがあることが週刊文春の取材でわかったとか。

(以下引用)

同企画は、芸人の宮川大輔(46)が青いハッピにハチマキ姿で世界の過激な祭りに突撃し、これまで参加した祭りは100を超える。

問題となっているのは5月20日放送分の「橋祭りinラオス」。実際の放送では、自転車で“橋”に見立てた全長25メートルの板を渡り、スピードなどを競う“祭り”だと紹介。4月8日にラオスの首都ビエンチャンで行なわれ、宮川が“祭り”に参加した一部始終が放映された。

だが、ビエンチャンに赴任する日本人の駐在員は異議を唱える。

「ラオスで『橋祭り』なんて聞いたことはないし、周囲のラオス人に聞いても誰も知らない。そもそもこの地域で自転車といえば、外国人観光客がレンタサイクルに乗るぐらい。この『橋祭り』は不自然な点が多すぎる」

ラオス国内の観光イベントを管轄する、情報文化観光省観光部のブンラップ副部長は、「週刊文春」の取材に次のように語った。

「こうした自転車競技はラオスには存在しない。今回(の「橋祭り」)は日本のテレビが自分達で作ったのではないですか」

また同番組の取材申請を許可した情報文化観光省マスメディア局の担当者も「日本側の働きかけで実現した」と断言する。

「2人の役人が撮影に立ち会いましたが、(「橋祭り」は)ラオスで初めて行われたものです」

日本テレビ広報部は「週刊文春」の取材に次のように回答した。

「橋祭りはメコン川流域などでかねてから行われている催しで、地元のテレビ局などでも取り上げられております。今回は現地からの提案を受けて参加したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はありません」

番組で放送された「橋祭り」は、ラオスの祭りで、そこに「イッテQ!」が参加したのか。それとも、日テレサイドの企画した、「作られた祭り」だったのか。

「週刊文春」はビエンチャン、タイ・バンコクで3週間にわたり取材。

セットを設営したタイ人スタッフ、祭りに参加し「協力費」をもらった少年たちの証言に加え、セットの設営を依頼した海外コーディネイト会社の社長、宮川大輔への直撃などの取材結果を、11月8日(木)発売号で、5ページにわたり掲載している。

(引用元 週刊文春)

この話題にネットでは

「やっちまったな」

「やらせってレベルじゃないw」

「まさか、イッテQがそんな捏造なんてするわけ…」

「余裕で裏取れるのにここまではっきり言ってるって事は相当自信があるんだろうな」

「報道でもないバラエティ番組でこんなに責められる必要あるのか?自分的にはバラエティは面白さを追求すれば良いと思う」

「謎とき冒険ドキュメンタリーじゃなくて、謎とき冒険バラエティー なんだから問題ねーだろ」

「DASHとイッテQが終わって日テレはジャニとともに沈むんだな」

「今までの祭も全部洗った方がいいぞw」

「セット感が半端ないね」

「半分以上タイだしな。この辺ほじくり返すとパンドラの箱かもw」

「多少のヤラセはありだけど祭りそのものがないって酷すぎw」

「これで番組打ち切りとか嫌やぞ」

という声も。

橋祭りinラオスの画像


名前 ナリスマシ対策

コメント


はてな 2018/11/08 01:25
特に驚きもしない。つーか、こういった番組で報道番組のリスクマネジメントを計っている気がする。
芸能人ブログ全集