木村拓哉がバンドのMVに登場


ロックバンド[ALEXANDROS]の2年ぶり7枚目となるアルバム「Sleepless in Brooklyn」のリード曲「アルペジオ」のミュージックビデオが11月7日午前8時にYouTubeでフル公開され、俳優の木村拓哉さんが出演していることが明らかになり、ネットでは驚きと歓喜の声が広がっているとか。

(以下引用)

作詞を手がけた川上洋平(Vo/G)が「自分の作詞家人生で最も時間がかかったんじゃないかと思うほど時間をかけて書いた」という同曲は、PlayStation4用ソフト『JUDGE EYES:死神の遺言』(12月13日発売)の主題歌として書き下ろした新曲。

MVの撮影は10月上旬、都内ビルの地下駐車場で行われ、[ALEXANDROS]が持つ本来の熱さを伝えるため、演奏シーンをメインに制作された。

木村は演奏するメンバーを撮影するカメラマンに扮し、冒頭から後ろ姿で登場。3分10秒過ぎからは徐々に木村とわかるカットが増えていく。

川上はMV公開前、「『アルペジオ』のMVがついに完成しました。最高の経験でした。観たらわかると思います。ぜひご覧ください」とだけ“予告”していたが、『JUDGE EYES〜』で主人公キャラクター・八神隆之の声を担当する木村とまさかの共演。

木村が他アーティストのMVに出演するのは初とあり、いち早く見つけたファンによって瞬く間に拡散され、「ドロスのMVにキムタクが!まじか!」「まさかのキムタク」「やけにカメラマンが映るなぁって思ったらキムタク」「木村くん出てくるの豪華すぎる」などとSNSは大にぎわいとなっている。

(引用元 オリコン)

この話題にネットでは

「キムタクさん出てきてびっくりしためっちゃかっこよくてびっくりした」

「キムタクの贅沢な使い方笑」

「他アーティストのMVに木村拓哉が出演するって一昔前ならありえない話」

「事務所がキムタクのマネージメント出来てない感じ」

「1人になったから仕方がない事だとは思いますが、以前は仕事を選びすぎ、今は選ばなすぎという感じがしてしまいます」

「これからキムタクはこう売り出しますって事務所が決めたんだろうが、はっきり言って、解散後の空回り感ハンパない。家庭を感じさせない、スター然とした孤高のアイドルだったから、かっこいいキムタクでいられたのに、ネット進出で庶民派アピールしたり、パパ色感じさせるようなCM出たり、映画の番宣とはいえ、バラエティー出まくったり、次は人気バンドのMVですか。まあ、ファンは目にする機会が増えたことを喜んでいるんだろうけど、安く買い叩かれてるように思えて仕方ない」

「なぜ叩くのかわからない。なぜ色々と彼なりにチャレンジしてるのに批難されるのか。ファンでもないけど、やることなすこと難癖つけてるのを見ると、気の毒に思える」

「なんか完全に過去の有名人ていうカテゴリーに入ったな」

「話題作りなんだろうけど、人のMV出るなんてすごいけど、キムタク安くなったなぁ、、」

という声も。

ALEXANDROS「アルペジオ」MV動画


名前 ナリスマシ対策

コメント


コメントはまだありません

芸能人ブログ全集