乙武が濱田祐太郎に不倫のススメ


作家の乙武洋匡氏(42)がAbemaTV「エゴサーチTV」に出演し、同じ障害者の立場として、ほぼ全盲の漫談家・濱田祐太郎さん(28)にアドバイスを送ったとか。

(以下引用)

この番組はMCのキングコング・西野亮廣(37)がゲストの情報をウェブ検索し、真偽を語り合うトーク番組。51回目の今回のゲストとして登場した乙武氏が、週刊誌の不倫報道で大打撃を受けた後の1年間の動きを中心に語った。

その中で「R―1ぐらんぷり2018」で優勝を飾った濱田に対し、まずは「うれしかった」とひと言。さらに乙武氏が有名になったあと、障害を持ちながらも破天荒な行動をする人が出なかったことに触れ、「一人ではキツかった」と吐露したが、濱田の登場で“仲間ができた”と感じたという。

ただ、濱田が優勝したネットの記事のコメント欄を見ると、「濱田さん、今後も頑張ってください」といった温かいコメントばかり。辛辣な内容が多いコメント欄に「濱田さん」と敬称が付くことに違和感を感じたという。

それを見て「まだ芸人としてのスタートラインに立てていない。越えなければいけない壁がある」と指摘した。

濱田が芸人として一皮むけるために、乙武氏が出したのが「不倫でもすればいいんですよ」という自虐要素満載の答え。これにはMC・西野も手をたたいて笑うしかなかった。もっとも、濱田はまだ独身で、「R―1ぐらんぷり2018」優勝後に彼女ができたばかりという。

さらに西野は「濱田くんは今のままだとイジるのは難しい」と告白。それを聞いた乙武氏は「障害者をイジるのは難しい。イジられ待ちの障害者も難しい」と語った。

乙武氏は障害を笑いに変える難しさを加味しつつ、「濱田さんにはそのラインを越えて、活躍する芸人さんになってほしい」とエールを贈った。

(引用元 スポニチ)

この話題にネットでは

「は?」

「なんで不倫をしなきゃならんの?」

「ちょっと意味がわからない」

「何か越えた人目線で語っちゃってるけど、別に芸人でもないし、自分が越えたのは一線」

「謎の上から目線」

「あんたが叩かれたのは障害者だからでも有名人だからでもないですよ。学習しないね」

「この人には関わらないほうがいいと思う」

「濱田さん人気あるから嫉妬してるんでしょ」

「仲間ができた、って。。濱田さんもあなたのことを仲間だと思ってるとは限らない」

「すごく不快。もうこの人見たくない」

「この人は障害者のマイナスイメージにしかならないと思う。結局、障害者って傲慢なんだろ?って率直に思っちゃいます。みんながみんな、そうじゃないのははわかってはいますが。障害者代表ぶるのやめたらいい」

「「いじる」とか「いじられる」とか「いじりやすい」とかそんなに重要かな?芸人だっていろんなスタイルがあっていいと思うけど。濱田さんにとってそれが本当に越えなきゃいけない壁なのか?そもそも別の道を進めばその壁にはぶつからないかもしれない。それを決めるのは濱田さん自身であって乙武さんや西野さんではない」

「この人のこと小学生の時の道徳か国語の教科書の題材にもなってすごい人だなぁって思ってたのにこんなクズになると思わなかった」

という声も。

乙武氏のツイッター


名前 ナリスマシ対策

コメント


コメントはまだありません

芸能人ブログ全集