高橋由美子が引きこもり&激ヤセ


4月30日付で所属事務所「コニイ」との契約を終了した女優の高橋由美子さん(44)の現在を5月14日、日テレ「情報ライブ ミヤネ屋」で両親が激白したとか。

(以下引用)

高橋の父は「仕事も全然なくなってしまったそうですからね」と現在の高橋の仕事について言及。母は「かなりやせてしまいました。元気もないしモノも食べられませんから」と実家に引きこもり、激やせしている様子を伝えた。

今後について父は「引退はかんがえていないようです。『できればもう少し(芸能界で)やってみたい』と言ってました」と女優をやめる気がない胸中を明かした。

高橋は今年3月15日発売の「週刊文春」で妻子ある男性と東京・歌舞伎町のホテルに手をつないで入るなどの不倫疑惑を報じられた。

報道を受け、高橋は「理性を欠いた時間を過ごしてしまったのは確かです」とし、「既報のような場所へ到る行動こそが何よりの表れかと思います。軽率過ぎた行動は非難されて然るべきであります。悔い改めましてここにお詫び申し上げます」とコメントした。

過去に同じ境遇に置かれたことのある女優の斉藤由貴(51)との違いについて、芸能リポーターの井上公造氏(61)は「発覚時の対応」「事後の処理」「女優としての需要」の3つを挙げた。

(引用元 スポニチ)

この話題にネットでは

「突撃されたときのインタビューが、ビックリするほど下品だったからな〜。ただでさえ、不倫なんて厳しい目で見られるのに、あの態度ではファンが離れちゃうね」

「不倫の現場を取材した時のコメントで、『私もっと色々やってっから』の、コメントに、品格ガタオチ。ビックリしたよ。一般人かと思った」

「あのインタビューみたら性格の悪さがすぐわかる。。自業自得でしょ」

「不倫なら男の方も悪くないか?」

「食べられないけど引退は考えてないんだw 大丈夫でしょw しぶといなー」

「家族や知人の「激やせしている」、「憔悴しきっている」なんて言葉は全く当てにならない」

「激やせ・・・本当に?」

「男が不倫問題起こしてもモテるねえで済ませ、女が不倫問題起こすと犯罪でも起こしたかのようにバッシングする日本の芸能界」

「自業自得でしょうがないね。もっと上手ければ需要も有るでしょうが、しばらくは使いたい人もいないのではないでしょうか」

「加害者が被害者ぶるなってだから」

という声も。


名前 ナリスマシ対策

コメント


2018/05/15 01:01
デブってただのおばさんになってたから、痩せたくらいが調度いいよ
芸能人ブログ全集