森友問題でヒロミ「国って怖ぇな」


タレントのヒロミさん(53)が、学校法人「森友学園」への国有地売却問題をめぐる財務省による決裁文書書き換え疑惑問題を受け、「国って怖ぇな」と率直な思いを語ったとか。

(以下引用)

ヒロミは13日放送のフジテレビ系「バイキング」に出演。

森友文書改ざん疑惑について、「もともと『無い』って言い張っていたものが、有って。まあ、有るんだろうなとは思ってたけど、本当に出てきちゃって。国って怖ぇなって思って……」と吐露し、司会の坂上忍も「本当に怖さを感じます」と同調した。

さらにヒロミは「いろんな国の、あそこの国はどうだこうだとかって言うじゃない、俺たちも。だけど、日本も怖いよね。権力で全部消しちゃってこういうこともできるし、なおかつ『知らない』とも言えるし。権力って怖いなって思って、日本もそういう国なんだなって」と不信感をあらわにした。

(引用元 日刊スポーツ)

この話題にネットでは

「今回は表に出たけど、国民の知らないところで、一省庁が大臣も知らないところで改ざんしてたとなると怖いよね」

「皆普通に持っている免許証も公文書の一種だそうだがこれを庶民が偽造して見つかったら大変なこと。しかし役人が公文書を偽造するのは大したことではない、というのが今回の問題。何かがおかしいよね」

「とか言いつつも、森友問題の何が問題なのかをヒロミはよくわかっていないように思う。テレビでの発言を聞く限りは」

「浅いなあ..」

「こういう意見が大多数のまま終息しそう」

「権力どうこうでなくて、これまでの年金記録やら裁量労働制のデータやら、元々こんな文書の書き換えなんて普通にあったんだと思う」

「人が1人亡くなってるからな」

「そういう国やで。てか先進国で権力の都合のいいようにされてない国なんてないだろ」

「芸能界と同じやね」

という声も。


名前 ナリスマシ対策

コメント


2018/03/13 19:10
政界の人からしたら芸能人に言われたくないだろうね
芸能人ブログ全集