「朝日の誤字」報道でフジも誤字


2月13日放送のフジ「めざましテレビ」で、朝日新聞の平昌五輪ツイッターの誤字を指摘する報道の際、「新日新聞」とテロップで誤表示してしまったとか。

(以下引用)

朝日新聞と書くべきところを「新日新聞」――。情報番組「めざましテレビ」(フジテレビ系)のテロップ表記に、そんなミスが生じた。

これは、朝日新聞の公式ツイッターで「誤字」があったことを伝えるニュースの中で起きたものだ。「何がどうなったらこうなるんやろ」「でかいブーメラン刺さってる」といった皮肉が、インターネット掲示板などで飛び交っている。

朝日新聞の平昌五輪・パラリンピックのニュースを伝える公式ツイッターは2018年2月11日、フィギュアスケート男子の羽生結弦選手が韓国入りしたと伝えるツイートを投稿。平昌五輪のハッシュタグで「#Pyeongchang2018」と付けるべきところを、誤って「#Pyongyang2018」とした。

「Pyongyang」は北朝鮮の首都・平壌にあたるとして、ツイッター上には間違いを指摘する声が続出。同アカウントは12日夕、「ご指摘ありがとうございました。ハッシュタグの表記は単純な打ち間違いでした。今後は、しっかり確認してツイートします」と釈明するツイートを投稿した。

この件について、13日放送の「めざましテレビ」はナレーションで「朝日新聞などの公式ツイッターで、平昌五輪のハッシュタグが『Pyongyang2018』になっていたことが分かりました」と伝えた。その上で「朝日新聞は『単純な打ち間違いでした』とツイートしています」と紹介した。

だが、画面下のテロップではこの時、新たな「誤植」が発生していた。

「新日新聞『単純な打ち間違い』」――。

こんな文字が「朝日新聞『単純な打ち間違い』」とあるべき箇所に...。番組は「朝日」と書くべきところを、「新日」と間違えたのだ。

この放送を見ていた視聴者からは、

「フジテレビおいおいww朝日新聞を『新日新聞』って誤字も過ぎるだろww」
「新日新聞ってなんだ?プロレス新聞?w」
「何がどうなったらこうなるんやろ」
「ピョンチャン→ピョンヤン まあ打ち間違いはわかる 朝日→新日 どうやって間違ったんだ?」

など失笑まじりの投稿が、ツイッターやインターネット掲示板などで続出することとなった。

(引用元 J-CASTニュース)

この話題にネットでは

「何がどうなったらこうなるんやろ」

「打ち間違いのニュースを打ち間違えるって恥ずかしすぎる」

「なんでこんなに確認しないことが多いのか」

「これはウィットに富んだジョーク」

「平昌を平壌、朝日新聞を新日新聞、どっちもわざと間違えてるなw」

「いや故意なら大したもんだけどね」

「原稿の字が汚くて新人の写植が間違ったんやろ」

「最近はフジのニュースや情報番組見てると、この手のミスが多過ぎる小さなミスが多いから大きなミスがよく起きるんだよ。上の方も含めて社員教育をやり直した方がいいんじゃない?」

「誰も確認しないで垂れ流すとかすごいな」

「もうフジにまともな制作がいないってだけやん。潰れんじゃないのマジで」

という声も。

フジ「新日新聞」誤字画像


名前 ナリスマシ対策

コメント


コメントはまだありません

芸能人ブログ全集