バンプに農業勧めるTOKIO山口


2月12日放送の日テレ「ZIP!」で、TOKIO・山口達也さんがロックバンド・BUMP OF CHICKENのメンバーに、音楽活動と農業の両立を勧めたとか。

(以下引用)

番組では、BUMP OF CHICKENが10日、5カ月間で約30万人を動員した全国ライブツアー「BUMP OF CHICKEN TOUR 2017-2018 PATHFINDER」をさいたまスーパーアリーナで締めくくったことを伝えた。

ライブで数々の名曲を披露する様子や、メンバーが出身地の千葉県にちなんだ自己紹介をするコーナーも放送。ベーシストの直井由文は「落花生食ったりとか、イモ掘ったりとか」「そういうことして育ちました!」と自己紹介し、笑いを誘っていた。

VTRを見た山口は「自己紹介の仕方、よかったね」と大絶賛。自身の場合を想像し「くわと漁でがんばってます、山口達也です!」と、自己紹介してみせた。

そして、音楽活動と農業について、両立が可能だと熱弁。「バンプのみんな、同時にできるから。同時に楽器と農業どっちもできるから」と、熱く勧めていた。

(引用元 ライブドアニュース)

この話題にネットでは

「ワロタwww」

「ついに勧めるまでになったか…」

「説得力が段違いにもほどがあるww」

「兼業アイドルというワードの力強さたるやww」

「鉄腕BUMP見てみたいわ笑」

「農家アイドルが増えるwww」

「本業に勧誘するなww」

という声も。


名前 ナリスマシ対策

コメント


2018/02/13 14:02
海外のアーティストは以外と農業や建設や様々な事してる人多い。レッチリのベースも蜂の養蜂を神経に研究と育成してるからな。
2018/02/13 01:41
交遊でもあるのかと思ったら ないんか
芸能人ブログ全集