丸岡いずみ「育児に気負いすぎた」


今年1月3日に代理母出産で第1子となる長男を授かったフリーアナウンサーの丸岡いずみさん(46)が2月11日ブログを更新し「少し気負い過ぎていたかもしれません」と初めての子育てで神経質になりすぎていることを反省したとか。

(以下引用)

丸岡は「確かに少し育児について気負い過ぎていたかもしれません。みなさんのアドバイスにあるように頼れる部分は周りを頼って頑なになりすぎないように。。。ですね」と育児への過度の“気負い”があったことに気付いたことを明かし、「育児も仕事も肩の力を抜いて私らしくやればいいのだと気づいたこの頃です」と自らに言い聞かせるようにつづった。

産後しばらくは男児が生まれた病院のあるロシア・モスクワに滞在し、ミルクをあげるなど育児をしていたが、このほど帰国。

今月9日のブログではベビー用品の買い出しに行った際、店員から「カゴお持ちしましょうか?」と声をかけられ、「この一言に涙腺が崩壊」と何気ない優しさに突然、涙が止まらなくなったことを明かし、ブログの読者から励ましや応援、育児についてのアドバイスなどさまざまなメッセージが寄せられていた。

(引用元 デイリースポーツ)

この話題にネットでは

「子供と一緒に帰国出来たんだね。おめでとう、大変だけど頑張ってね!」

「色々苦労があると思う。普通に妊娠して、出産できる人との差。 無理せず気楽にやっていってほしいと思う」

「完璧に母親こなすお母さんなんていませんよ。ゆるい位でちょうどいいと思いますよ」

「自分で妊娠ができたなら、とつき十日の間に段々と母性が目覚めて出産に至るけど、代理出産だと産まれてから徐々に母性が出てくるんだよね。自分が望んだ事とは言え、急に赤ちゃんとの生活がスタートするから気も張るだろうね」

「第一子は神経質なくらいになるものだよ。仕方ない」

「2歳、3歳くらいになってやっと気負いから解放された気がする。それまでは何するにもどこ行くにも気負いがあった気がする」

「新生児を初めて育てている新米ママの時は気負いすぎるものです^^;子育てという神経過敏になっている時、些細な言葉に胸が熱くなり涙する事も私もありました」

「初めての子供なら、理想を追い求めて頑張り過ぎる母親が多いのではないかな。私もそうだった。二人目で、適度に手を抜く事を覚えました」

という声も。

丸岡いずみのブログ記事


名前 ナリスマシ対策

コメント


コメントはまだありません

芸能人ブログ全集