中村獅童インスタで親バカ全開に


歌舞伎俳優・中村獅童さん(45)のインスタグラムが昨年12月18日に誕生した「陽喜(はるき)」くんだらけになっているのですが、「こういう写真をアップする人間にはならないと思っていた」と親バカ全開になっているとか。

(以下引用)

5日放送の『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(TBS系)で昨年肺腺がんが発覚する前の2015年に、脳動脈瘤から出血して手術を受けていたことを明かした中村獅童。

この手術後1週間も経たずに退院し、舞台に復帰。そして昨年5月には肺腺がんの手術を受け、11月の舞台に復帰している。

このように命にかかわる重い病を2年間で2度も患った彼を支え続けたのは、2015年1月に再婚した妻・沙織さんである。

2017年は自分の病気のこと、そして陽喜くんの誕生と、命について改めて考えることの出来た忘れられない1年になったという。

そんな中村が12日の『Shido Nakamura shido_nakamura Instagram』で「こういう写真をアップする人間にはならないと思っていたのですが、気が付いたらこの有様」と、寝ながら我が子を抱いているツーショットを投稿。 Instagramが陽喜くんの写真だらけになっていることを、もう少しお付き合いくださいませ」と詫びている。

だがフォロワーは「親バカ全開、いいですよ。そりゃあ可愛いでしょ」「いえいえ! どんどんアップしてくださいね」「中村獅童って こんな人でしたっけ? 好きになりました(笑)」「我が子が可愛いのはみんな一緒ですよ」と理解を示し、何より“パパそっくり”な陽喜くんの成長を楽しみにしているようだ。

(引用元 TechinsightJapan)

この話題にネットでは

「竹内さんとの息子いないみたいになっているんだけど、息子はどんな気持ちだろうね」

「竹内結子さん、どう思います?」

「前の子供がなんか可哀想だな」

「まるで初めての我が子のような印象に…」

「やっぱり離婚再婚する人って無神経なんだな」

「第一子の気持ちがこれを見た時の気持ちは考えないのかな?」

「竹内惟子との子供に会えない反動もあるのかな…」

「竹内結子が会わせてないんでしょ。しばらく親権めぐって裁判長引いてたよね。竹内も子供出来た時獅童にじゃなくて獅童の母親に真っ先に報告して外堀埋めて結婚まで持ち込んでたけど歌舞伎役者の妻の仕事しないで女優業押し通してたし。獅童に同情する気はさらさらないがどっちもどっちな気がする」

「そりゃ不倫した人に息子を会わせたくないでしょ。会わせないのが悪い!みたいになってるけどさ」

「獅童も病気して家族が大切になったのかな? 前の結婚の時みたいにもう浮気しないように」

「一度目は覚悟が決まらぬ出来婚だったからな。きっとそういうことなんだと思う」

「まーいんじゃない? 今度の子は手放したくないだろうし」

という声も。

中村獅童のインスタグラム


名前 ナリスマシ対策

コメント


2018/01/14 09:25
年とってからの子は可愛いのよ!!長く関わっていけないから
2018/01/14 07:39
運命の不思議。竹内結子が奥さんだったなら亡くなってたかもね。
芸能人ブログ全集