おかもとまりの夫が発達障害訂正


音楽プロデューサーのnaoさんが1月11日ブログを更新し、妻でタレントのおかもとまりさんが、自身を「軽い発達障害」とブログにつづったことについて、改めて「発達障害ではなく、発達障害の傾向があるという事」と説明したとか。

(以下引用)

事の発端はおかもとが5日に更新したブログで、naoに「軽度の発達障害の傾向が見られる」と公表したこと。おかもとは夫にブログも見せているとし「隠すことでも悪いことでもない」としnaoの音楽的才能などのすごさについても明かしていた。

このブログには反響も多く寄せられたようで、naoは改めて「第三者から言うことについての批判、また一部誤解を与えてしまう捉え方の内容もSNSニュースにありましたので私からもここに記します」と自ら説明に乗り出した。

naoは11日に、妻と一緒に以前診察を受けたクリニックへ行ったといい、「発達障害的な要素は多かれ少なかれ誰しもがあるらしく、性格との判別が非常に難しい」と言われたという。

naoにはアスペルガー症候群の傾向が見られるというが、naoは以前診断を受けた際に、おかもとに「軽い感じだったよ」と「マイペース(ふわっと)応対してしまい、まりは『軽度の発達障害』と認識し、私も特に否定もしませんでした。これもわたしのマイペースな性格のせいです」と、最初に“ふわっと”説明したことから、おかもとがやや誤解して受け取ったと説明した。

だが、おかもとがブログに掲載すると予想以上の反響が寄せられたことに「驚いた」といい、「性格がマイペースで面倒くさがりや、ズボラな部分があり、それが発展すると良くないと。。ですので、正確には、発達障害ではなく、発達障害の傾向がある(性格)ということです」と、発達障害と完全に診断されたわけではないと説明した。

医師からは性格も時間をかければ改善すると言われているといい、今年はズボラな自分と「真摯に向き合い、治していこうと思います」と約束。最後には「発達障害の傾向があると言われていますが、私は決して自分自身で大変だと感じたことはありません」ともつづっていた。

(引用元 デイリースポーツ)

この話題にネットでは

「迷惑な嫁だ」

「可哀想」

「これはひどい。結局断定された訳ではなく、傾向にあるというだけなのに本人以外が事実に反する事を公表するなんて。いくら配偶者でもだめでしょ」

「旦那さんの親はキレただろうよ」

「公表するしないは自由だけど、本人が言うのと身内が言うのは周囲の受け方が違うと思う。個人的にはこういうのは奥さんが言うべきではなかったと思ってる」

「これはおかもとさんがいけないですよね。言わなくても良い事を書き込んだから、批判が殺到してしまったのですから」

「嫁が変に書き込むから… わざわざ釈明しなきゃいけなくなったね」

「うちも「傾向」の旦那がいるから、大変なのはわかるよ。でも、旦那さんのいうとおり、多くの人に、そういう傾向ってあると思う。そのせいで生活できないくらい大変なのが本当に「障害」なんだと思う。本人が大変と思ってないんだから、いいんじゃない?というか、この嫁のほうがヒステリックでかまってちゃんで発達障害の傾向っぽい」

「旦那の許せない性格部分を発達障害で済ませたかっただけの話」

「ほら早速、本人と嫁とで認識の相違が出たね。嫁が安易に「発達障害」を口にするからこうなる。こりゃ、公表後に夫婦で揉めたな。夫の同意得てなかったな。嫁は育児・家事を協力してくれないと不満。夫は自分に許可無く、自分の身体的特徴をバラされ不満。夫婦関係続くだろうか」

「一緒にいて大丈夫なのかこの夫婦…」

という声も。

naoのブログ記事


名前 ナリスマシ対策

コメント


2018/01/12 13:45
もう中学生と結婚した方が幸せだったと思う。今の生活楽しくなさそう。
2018/01/11 20:00
もう数年後に離婚してるのが見えたんだが‥。夫婦においてこの小さな亀裂や傷は、とんでもなく広がる可能性高いから。
芸能人ブログ全集