広瀬すず「anone」初回9.2%


1月10日に放送された女優・広瀬すずさん(19)主演の日テレ・ドラマ「anone」の初回の平均視聴率が9・2%だったことが分かったとか。

(以下引用)

「Mother」「Woman」に続く日テレと脚本家・坂元裕二さんのタッグ作品第3弾。10代最後の主演作となる広瀬が坂元ドラマに欠かせない女優・田中裕子との共演で「生きることの意味」を問う感動のドラマだ。

広瀬が演じるのは身寄りがなくネットカフェで暮らす少女・ハリカ。黒髪のボブカットを10センチ以上カットし、役作りとして人生初のベリーショートに挑戦した。

前クールに同じ枠で放送された女優・綾瀬はるか(32)主演「奥様は、取り扱い注意」の初回視聴率は11・3%だった。

(引用元 スポーツ報知)

この話題にネットでは

「低いな」

「微妙…」

「こういう暗い役演技上手い人の方があってる」

「意外と低い。メディア持ち上げすぎたね」

「広瀬すず好きだけどこのドラマは重すぎる。チアダンみたいなわかりやすくて明るいドラマの方がいいよ」

「正直1時間見続けるのは相当しんどいな。主演見たさで見てもすぐ脱落」

「映画ならまだしも、ドラマで暗過ぎるのは見る気しない」

「鬱ドラマは録画してこっそり見るものよ」

「まず作品名のanoneで視聴者逃してるよ。なんだよanoneって」

「ガッキーとか杏みたいにマネージャーが有能なのか知らんが当たりそうなドラマにばっか出るやつと、広瀬すずみたいなハズレクジひくやつの違い」

「このタイプの鬱ドラマは見る人は見るけど視聴率は取れないわなあ。これで煽られる広瀬すずはちょっと可哀想」

「motherで当たったからって二番煎じ三番煎じを作ると大抵上手く行かないような・・」

という声も。


名前 ナリスマシ対策

コメント


コメントはまだありません

芸能人ブログ全集