加藤浩次が円満な結婚生活に持論


深夜放送のラジオ番組「極楽とんぼ オレたちちょこっとやってまーす!」で、極楽とんぼの加藤浩次さん(48)が円満な結婚生活について持論を展開したとか。

(以下引用)

番組では、婚活中の女性からのメールを紹介。結婚を目指して、結婚相談所に通いさまざまな男性と交流しているものの、自分に合う男性像がわからないのだという。そこで女性は、芸能界でおしどり夫婦で知られる加藤に、結婚に関するアドバイスを求めた。

加藤はうーんと悩み、「(相手と)合うか合わないかっていうのはね…わからんよ」とコメント。さらに「結婚してない人に言うのはアレなのかもしれないけど…合わせてくのよ」と、お互いが相手に合わせることが重要だと説いた。

恋愛しているときには、お互いが自分の良い部分しか見せないとし、結婚してから相手に合わせていくことを楽しむしかないと語った。

しかし一方で、趣味については「絶対に合うほうが良いと思う」と断言。加藤夫婦の場合は映画の趣味が共通しているといい、「話が膨らむ」とメリットを紹介した。「顔がかっこいいとかそういうことじゃ絶対ない」と、長年続く夫婦生活では会話が重要だと説いた。

さらに子供の存在は大きいとし、自身のできちゃった婚を振り返って「ふつうに順序立てて結婚してたらすぐに別れちゃってたかもな」と語った。

(引用元 ライブドアニュース)

この話題にネットでは

「奥さん美人だし三人の子供いい子そうだよね」

「奥さんに一目惚れして結婚したんだよね。仲良しで羨ましいけどな」

「顔関係無いって…嫁美人だし!!」

「我が家は、趣味も食の好みも、すべての趣味嗜好が合わないけど、会話が楽しいよ!」

「合わせていくのはそうだね」

「結婚なんて相性次第だよ。加藤は相性がたまたま良かっただけ」

「好きなものが同じより、嫌いなものが同じ方が続くって聞いたことある」

「まぁお互いが歩み寄らなきゃ夫婦生活なんて続けれないわなー」

「(あとお金…)」

「そら、夫が年収1億だったら たいていの家庭内不和はカバーできるわ こういう話は成功者に語らせても意味ない」

「趣味は違うけどお笑い番組見てる時笑うところが一緒」

「「合わせてくの」はわかる。赤の他人同士がずっとひとつ屋根の下で暮らしていくわけだからね。一生修行」

「デキ婚を振り返って「ふつうに順序立てて結婚してたらすぐに別れちゃってたかもな」ってのはよくわからない。子供ありきの夫婦って子供が手を離れたら成り立つんだろうか」

「子供いなかったら別れてたって冷め切った夫婦が言うことだよ」

「相手を思いやること。最近つくづく思う」

という声も。


名前 ナリスマシ対策

コメント


2017/12/05 21:38
芸能人は芸能人 一般人は一般人 この辺の話はお互いに参考にならないと思うよ(・ω・)
芸能人ブログ全集