東尾理子が「不妊の理由」を告白


不妊治療を経て出産した東尾理子さんが「仕事と出産」をテーマにしたセミナーで「不妊の理由」を初めて明かしたとか。

(以下引用)

11月28日、都内で行われた「仕事と出産」をテーマにしたセミナーに、産婦人科医の宋美玄さん、少子化ジャーナリストの白河桃子さんとともに登壇した東尾理子。

妊娠6か月ということで途中気分が悪くなったり、眠そうになる場面もあったが、ぶっちゃけトークを炸裂させた。

「中盤では、高齢での子育ての大変さについて“私も仕事をしていなくて子どもだけの生活だったら、虐待しちゃうと思う”といった爆弾発言や、不妊治療をする著名人はブログがキラキラしているという参加者からの声に“実際そんなキレイじゃないから!”と吐き捨てるように言っていました」(セミナーの参加者)

'09年12月に石田純一と結婚し、不妊治療を経て出産した彼女。今回の第3子は、長女の不妊治療中に凍結した、胚盤胞まで育った受精卵の残りだったという。

「石田さんは“もういいかな”って感じだったんだけど、私はそのまま命を捨てたくなくて。(石田には)同意書にサインしてもらわなきゃいけないから。受精には1回4万〜5万かかるし、説得しました」

東尾はこれまでも赤裸々に不妊治療について語ってきた。しかし“不妊の原因”だけはメディアで話すことはなかったのだが……。

「最初に行った病院で、ベテランの女医さんに数値の検査結果の紙を見ながら言われたの。“石田さんの精子がダメですね”って」

と、ぶっちゃけたのだ。これは男性にはなかなか受け入れられないことのようで、同じくセミナーに登壇していた宋さんも、

「女性は排卵機能がないとわかっても、自然に妊娠できないんだとは思うけれど“私、女じゃないんだ”とはならないですよね。でも男性は精子が機能しないとなると“お前は男じゃない”と言われているような気になるんですよ」

とコメント。東尾も、

「そうそう。やっぱり男の人はそういうの気にするから!」

と、うなずいていた。

「石田さんの年齢ならば、精子の質の低下は不思議ではないことですが、これまで“不倫は文化”のプレーボーイで売っていて、実際にいしだ壱成さん、すみれさんというお子さんもいたので、まだまだいけると思っていたんでしょう。理子さんは、夫のプライドを傷つけないようにと公表を控えていたようです」(芸能プロ関係者)

(中略)

今まで、不妊治療の経過や問題については隠さなかった東尾。不妊の理由を非公表にしたのは、夫・石田純一への愛だったのだ。

(引用元 週刊女性)

この話題にネットでは

「黙ってたなら最後まで話さなきゃいいのに。ペラペラと」

「結局バラしてるじゃん笑」

「それは言わないであげなよ、さすがに酷い」

「なぜ今更話されたんですかねー?石田さんは以前TVで、自分は問題ないと話してた。じゃ理子さんが原因か?わざわざ話さなくても…と思った。このご夫婦、悪気なく人を、傷つけてると思う」

「うわ…本当にこの人デリカシーないね。男性はそういうの気にすると分かってるなら今まで通り黙っておけばよかったのに」

「単に石田純一が高齢だからでしょ」

「これを石田純一が自ら公表するなら別に…と思うけど、たとえ了承を得ていたとしても妻の東尾理子からこんな風にいくら妊活イベントとは言え、公に不妊治療経験者として言うべきではないと思う…。石田純一だけに理由があったみたいに取られがちだし、実際子供が欲しかったのは東尾理子のほうなんだろーから、検査の結果には反映されなくとも十分高齢出産の域だった自分にだって何かしら原因はあったはず。何人産むかは自由ですけど、ちょっと話しすぎ。」

「不妊治療されてる方に勇気を、みたいなスタンスで最初は好印象だったけど、3人目を戻したってベラベラ話しすぎてる時点で、同じ治療経験の30代女性としては全くいただけないわ」

「純一はもう理子に愛情がなさそう。 」

「いしださんも20代30代でお子さん出来てるから、加齢で衰えるのは仕方ないことでしょう。一応、二の線で売ってる俳優さんなんだからそういうことは言わないほうがいいと思うよ、一度ならず二度も三度も不妊治療に協力してくれていい旦那さんじゃん」

という声も。


名前 ナリスマシ対策

コメント


だいたいが 2017/12/06 05:22
もう勃たないでしょ。プレイボーイぶってるけどw
2017/12/06 03:52
なんでわざわざバラすんや?
2017/12/05 23:09
酷いな理子
芸能人ブログ全集