中田敦彦「暴力問題はお笑いでも」


お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦さんが11月15日、TBS系「ビビット」で、横綱・日馬富士の暴行問題について「先輩後輩の礼儀に端を発する暴力問題ってお笑い界でもちょくちょく聞く」と語ったとか。

(以下引用)

14日に明るみになった日馬富士の暴行問題は、素手で20発も殴ったりビール瓶でも殴ったなど、暴力の凄まじさが浮き彫りになっている。

舞台となったのはモンゴル出身力士が集まるモンゴル会。日馬富士がしゃべっている時に後輩の貴ノ岩がスマホをいじっていたため激高したとも報じられている。

コメントを求められた中田は「(モンゴル会のような)そういう会はお笑い界にもありますし。出身地とかで」と語り「でも、先輩後輩の礼儀に端を発する暴力問題って、お笑い界でもちょくちょく聞くんです。この程度ではないですけど」と、程度の差こそあれ、お笑い界でも先輩が後輩に暴力を振るうことはあると語った。

そして「成功している先輩が暴力行為を含めて教育的指導の一部と考えている人がいると、かなり表沙汰にならない」とも語り、貴ノ岩の師匠の貴乃花親方が被害届を警察に提出したことにも「それもたまって、(貴乃花親方は)思い切ったのかなと。(暴行問題は)なかなか表沙汰にならないから」と持論を展開していた。

(引用元 デイリースポーツ)

この話題にネットでは

「表沙汰にならないってことは中田は知ってるってことだよな!?」

「コイツは何にでもドヤ顔でしゃしゃり出て来るな」

「この人すぐ、そういうこと言うけど、現場は見てるの?噂話の範囲だったらテレビで言わない方が…。そもそもそういう会に呼ばれてないでしょ?」

「オリラジ中田はこれ以上ダウンタウンを敵に回すのは控えた方がいい」

「島田紳助とその仲間松本人志」

「ビール瓶と素手じゃあ全く違う」

「さすがに今時芸能界でも頭蓋骨骨折したら表沙汰になるだろ」

「この程度ではないですけどって言ったらもっと酷く聞こえるが」

「程度をレベル的な表現と考えて、これほどのレベルじゃないですけどって意味なんだろうけど、通常はもっとはるか酷い時の言い回しだよな」

という声も。


名前 ナリスマシ対策

コメント


コメントはまだありません

芸能人ブログ全集