ウーマン村本のLGBT持論が炎上


9月28日に放送された「とんねるずのみなさんのおかげでした 30周年記念SP」で、石橋貴明さん(55)が扮するキャラクター“保毛尾田保毛男”についての騒動が拡大している中、ウーマンラッシュアワー村本さん(36)が「お前だけが被害者面すんな」とツイッターで持論を展開し炎上しているとか。

(以下引用)

同性愛者に対する偏見を助長するものであるとして、視聴者やLGBT(性的少数者)の関連団体から批判が殺到。放送翌日の定例会見では、フジテレビの宮内正喜社長(73)も謝罪する事態となった。

謝罪後も、ネット上ではますます議論が過熱している。

《保毛尾田保毛男は「過去にこんなホモフォビックなネタがテレビという公共の電波で発信されていたんですよ」という悪しき例と思っていたのに、まさか2017年にもなって復活するなんて》

《とんねるずの保毛尾田保毛男おもしろーい ホモとかゲイとかの地位がしっかり整った今の時代だからこそちゃんと笑える気がするね》

このように賛否が分かれるなか、お笑い芸人でウーマンラッシュアワーの村本大輔(36)が自身のツイッター上で騒動について言及した。

《お前だけが被害者面すんな、おれも学歴や職業や考えで差別されてると思うことは沢山ある。でも生きる》

この投稿に対して、認定NPOフローレンス代表理事の駒崎弘樹氏はこう反論した。

《学歴や職業等、選択できるものとセクシャリティは違うし、たとえ自分が差別され痛いからと言って、現に痛がっている人達に「痛がるな」という権利はない》

さらに、村本は駒崎氏の批判にこう返答。

《ゲイを笑いもの?バカか?想像力なさ過ぎだろ、あれはみんなゲイを笑ってるんじゃなくて石橋貴明って人を笑ってる。バカが偽善者面して当事者を語るな》

ちなみに、村本の上記2つの投稿は《このツイートは、不適切な内容が含まれている可能性があるため表示できません》と、現時点(10月10日18時)では非表示になっている。

一連の“炎上”をうけ、村本は10日にこう謝罪した。

《考えは変わらないけど、バカって言葉は訂正と反省。不快な思いさせた人、申し訳ない》

(引用元 女性自身)

この話題にネットでは

「めんどくさい社会になってきたな」

「保毛田を笑うからといってリアルでレズゲイみたいな人がいたって笑わないよ。普通に中身で判断して付き合う」

「これに近いこと、松本人志も著書の中で言ってた気がする。ネタとして笑わすためにやってるのに、背景込みで考えられると困る。とかなんとか」

「バカは喋るなのいい見本」

「完全に村本の言っていることが正しいと感じるし、駒崎氏の考えって例えば障碍者を勝手に可哀想と思っている人と同じだと思うわ」

「筋は通ってるが俺も我慢してるからお前も我慢しろがいかにも日本的すぎてな」

「まあ、村本がどんな主張をしようが日本国憲法で保障されてるように自由なのだし、それを止める権限は誰にもない。だから好きにすれば良いと思うけど、彼も表現の仕事をする人なのだから、表現すること自体に多少なりともデリカシーぐらいは持ってほしいな、とは思う」

「同性愛なんぞ万人に理解を求める方がおかしいやろ。気持ち悪いもんは悪いねん。石橋がやってこそのキャラクターだ。嫌なら見なければいいだけ。ただそれだけ」

「石橋貴明はテレビでショーとしてあのキャラクターをやってる。つまりフィクション。村本はツイッターで現実に差別で苦しんでいる人に対して、みんな我慢してる、おまえも我慢しろと言っている。全く次元の違う話。石橋貴明のショーに対して客が文句を言うのは全然アリだけど、完全な第三者である村本が、文句を言う客に対して、その人の悲しみを否定したり、考え方を押し付けたりするのは単なる傲慢」

「村本あほか。フジの社長が謝罪して事態を大きくすることなく石橋を謝罪の矢面に出さずに済むようにしたのになに蒸し返してんだよ」

「村本が超アホだと判明したw」

「今回の件で一番納得いかないのはホモオダはけしかんらんて論調で居ながらゲイ本人や理解のある人なら自虐としてホモネタを取り入れるのは有りって意見」

「もうバラエティ番組は何もできないな」

「テレビがつまらないだと規制だのって極論少数派のクレームを真に受けた結果なんだよな。炎上の安っぽさよ。ボヤにすらならねーわ」

という声も。

村本大輔のツイッター


名前 ナリスマシ対策

コメント


コメントはまだありません

芸能人ブログ全集