優樹菜「床グーパンで鎖骨折れた」


タレントの木下優樹菜さん(29)が、9月13日に放送されたTBS「水曜日のダウンタウン」に出演し、2年前に鎖骨を折ったことを告白したとか。

(以下引用)

番組ではこの日、「人間の骨で折れていない骨など存在しない説」を検証。そのVTRに入る前のスタジオトークの中で、「骨折したことありますか?」と聞かれた木下は、「私は二年前に鎖骨おりました」と打ち明けた。

それは「家でちょっとケンカしてまして。旦那(FUJIWARAの藤本敏史)とケンカして」という状況で、腹が立ったままベランダの掃除をしていたところ、「ムカつくんでベランダの床をグーパンしたら、その弾みでココ(鎖骨)が折れました」とのこと。

これに、プレゼン担当の陣内智則は「床を殴ったら…鎖骨を…」と絶句していた。

(引用元 Narinari.com)

この話題にネットでは

「それがかっこいいと思ってんの?」

「それをテレビで言えるって凄いね。恥ずかしすぎて普通言えんやろ」

「感情のコントロールできないのかな?」

「床殴って鎖骨骨折は笑うわ」

「拳でも手首でも肘でも肩でもなく、鎖骨とな!?その威力で拳を痛めない点で素人ではないな!?(笑)」

「人の場合殴ると凹んだり後ろに下がったりしてくれるけど壁とか床は壊せない限り動かないから勢いが肩から鎖骨に行くんだよねぇ…」

「凄いな〜グーパンで骨折とは……この人より年上で何十年も生きてるが今までグーパンなんてしたことないや」

「こういうヤンキーのノリ、何歳まで続けるんだろう?」

「意外とベランダの掃除とかするんだね(笑)」

という声も。


名前 ナリスマシ対策

コメント


2017/09/14 22:22
ガリガリ骨粗鬆症(笑)老人並み。
芸能人ブログ全集