我が家坪倉「モノマネ芸人は痛い」


8月末に放送されたフジ「さんまのお笑い向上委員会」で、モノマネを得意とするお笑い芸人の原口あきまささん、やしろ優さんらが、モノマネ業界を批判して物議をかもした中、我が家の坪倉由幸さんも「モノマネ芸人は痛い」と痛烈発言をしたとか。

(以下引用)

この一件は、一部芸人から共感をよんでいたようで、我が家の坪倉由幸が、9月11日放送の『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)にて、このような発言をしていた。

「この間テレビでやってたんですけど。僕もちょっと前から、そう思ってた節があって。モノマネ芸人さんって、痛くないですか?」

過去に共演した際の経験によると、楽屋からすでに痛いというのだ。

「モノマネ番組の楽屋だと、みんなモノマネしあって、発表会みたいなのやってるんですよ。みんなに聞こえるようなところで。新作とか見せてきたりとかして。いや、望んでない、望んでないって(笑)」

さらに、モノマネ芸人がウケをとっても、それは自身のトーク力によるものではないと分析する。

「モノマネの人って、ひな壇だと、たとえばMCの人が振ってくれたら、モノマネで返せばだいたいのことはウケるじゃないですか。

その人が言わなそうなことだったりを、そのまま言ってもウケるじゃないですか。それを本当にウケてるとカン違いしてると思うんですよ。

その人(モノマネをする対象)が乗っかってるからウケてるんであって、お前のトーク力じゃないんだよって。素でしゃべったら、ぜんぜん面白くない」

なかなか痛烈な意見だが、『さんまのお笑い向上委員会』でも同様の指摘がされており、多くの出演者が賛同していた。

原口あきまさにいたっては、自身がモノマネ芸人でありながらも、「モノマネの番組自体が痛いですもんね」という、業界批判まで口にしていた。この発言で業界から干されるなんてこともあるのだろうか。

(引用元 FLASH)

この話題にネットでは

「すべってるならともかく、芸で笑ってもらえてるならいいだろ?トークで笑い取るのもモノマネで笑い取るのも同じじゃねーのかな」

「モノマネであろうと、芸があろうとなかろうと、結局は見てる人を楽しませた方が勝ちだと思う。自分がたいしてウケないのに他の人を批判してる人が一番ダサいと思う」

「モノマネ番組のフォーマットが昭和の時代からほとんど変わってないっていうのも原因かも。その点水曜日のダウンタウンのモノマネ企画は秀逸」

「ひな壇トークを引き合いに出すのであればコント芸人の坪倉自身もモノマネ芸人と同じ土俵である思うのだが。コントやっているからと言ってひな壇トークがうまいとも思わない。MCの力量次第だし、モノマネレパートリーの中からチョイスして返すあたり坪倉より頭使っていると思うよ」

「本人はトーク力で笑わせてるつもりでも実は編集マジックだったりもする。なかなか人を笑わせるのは難しい」

「モノマネ歌合戦で目をつぶって聴きいっちゃう審査員はイタイ」

「コロッケとか清水アキラとかかなり痛かったよな。なんか絶対に笑わないといけない雰囲気がある」

「コロッケみたいな、そもそも似てないのに誇張させすぎてるネタもつまらない」

「雛壇よりは笑い取れてるじゃん」

「モノマネ本業の連中はだいたい個人や中小事務所だから大手所属のこいつらが好き放題言えるんだろ?」

「でもモノマネの人の方が芸人って感じするわ ネタ全然やらない人が芸人面してる方が違和感有る」

という声も。


名前 ナリスマシ対策

コメント


2017/09/14 19:26
元々昔からモノマネ芸人は非難されてるから当然だろうな。誰かの地位を真似て笑いにし金稼ぐわけだし、ネットじゃボロクソに叩かれてるな。
芸能人ブログ全集