高畑淳子が裕太の復帰を諦めず


高畑淳子さん(62)と息子の裕太さん(23)に関して女性セブンが「復帰先として舞台に活路か」と報じています。

(以下引用)

その日も、新国立劇場(東京都渋谷区)の中劇場は満員の観客で埋まっていた。天海祐希(50才)や大泉洋(44才)、吉田羊、小池栄子(36才)、伊藤蘭(62才)といった豪華キャストが「全員10才」を演じる異色の三谷幸喜(56才)演出の舞台『子供の事情』。

発売と同時に前売りチケットは即完売し、オークションサイトでは1枚10万円を超える高値がついた話題の舞台を、8月上旬、高畑淳子(62才)が観劇に訪れていた。

高畑は昨年、三谷が脚本を務めたNHK大河ドラマ『真田丸』に出演。今回の舞台に出演していた大泉とも母子役で共演していたとあって、足を運んだようだ。だが、観客席にあって注目を集めたのは、高畑の隣にいた人物のほうだった。

「髪もぼさぼさでヒゲも伸びていたので、はじめは誰だかわからなかったんですが、高畑さんと一緒に息子の裕太くん(23才)がいたんです」(目撃した人)

昨年8月に強姦致傷容疑で逮捕され、翌月に不起訴処分となった裕太。埼玉県内の病院に入院した後は、都内の自宅に戻り、以降“潜伏生活”を続けているといわれている。

「最近も、高畑さんが近くのスーパーで大量に食材を購入していらっしゃいましたよ。1人じゃ持てないほどの量だったから、息子さんのために買い置きしているんじゃないかしら」

自宅の近所住民には、高畑のそんな姿が見かけられている。しかし今回、裕太を連れ立って舞台観劇に訪れたということは、“潜伏生活”にピリオドを打とうということなのだろうか。

「不起訴処分でしたし、このまま犯罪者扱いもおかしい。高畑さんはどうにか裕太さんが復帰できる道はないかと模索しているんです。テレビは世間やスポンサーの目もあって、ハードルが高い。そこで活路を見出したのが舞台だったようです。

裕太さんの不祥事は高畑さんが『真田丸』に出演していたとき。周囲が騒々しい中で、撮影現場が淡々と進んでいったことに、高畑さんは三谷さんを恩人のように感じているんじゃないでしょうか。ただ、役者仲間が知り合いの出演する舞台を見にいったときに恒例となっている“楽屋挨拶”は遠慮されたようです」(芸能関係者)

母の思いは強い。

(引用元 女性セブン)

この話題にネットでは

「こうやって息子を甘やかすから駄目なんだよ」

「俳優以外の仕事は考えないんだね」

「不起訴だから罪は無いってのはおかしいだろ。結局示談で解決したんだから悪いことしたってことやんけ。無実なら最後まで裁判で戦えよ」

「高畑さん本人の芝居は好きだから続けて欲しいけど息子は……」

「もう芸能人は諦めろ」

「息子は目つきが気持ち悪いんだよ。事件発覚前からあの目が苦手だった」

「テレビに出てはいけない目をしてることをまだ判らない親子」

「親不孝な息子だよね。まあ、母親は自分の腹から出てきたものに異常に固執するから一生、この子を見放さないんだろうね」

「この親子はどこへ向かうのか・・・」

という声も。


名前 ナリスマシ対策

コメント


2017/08/11 15:18
あきらめなよ
芸能人ブログ全集