「突然の奇行!草なぎ」報道に批判


フライデーが『突然の奇行!草なぎ剛「子犬と路上座り込み」現場写真』というタイトルで、草なぎさんが愛犬を散歩する様子を写真に撮り、直撃インタビューをしているのですが、その内容にネットでは批判の声があがっています。

(以下引用)

金曜日の夕方、帰宅する人で賑わい始めた大通り沿いの歩道に草なぎ剛(42)が足を投げ出して、へたり込んでいた。

まさかこんなところに元『SMAP』がいるなんて、誰も思わないのだろう。いかにも邪魔そうに主婦がよけて通り、自転車に乗った少年が心配そうに草なぎの背中を覗きこむ。

草なぎの両脚の間にはフレンチブルドッグらしき子犬が一匹。泣けてきたのか、目元をぬぐい始めた草なぎの顔を、愛犬も心配そうに覗きこんでいる。

ここは新宿の外れにある住宅街。草なぎの自宅マンションから遠く離れている。Youは何しにココへーー?

本誌が訝っていると、子犬を愛おしそうに抱えて、草なぎが立ち上がった。よく見ると犬にはリードがついている。そっと路上に解放。チョコチョコ前進する子犬に続いて、のんびり歩き始めた。しばらくすると、再び子犬を抱きあげ、また歩かせる。そのうち、肩から提げているカバンの中に犬を入れて、また取り出して、またまた入れて……傍から見たら、ちょっとアブない人にも見える。

と、草なぎがまたも路上にへたり込んだ。そして、子犬を愛おしそうに撫でたかと思えばチーンと鼻をかんで……ひょっとして、酔っぱらってる!?たまらず、草なぎに声をかけた。

――FRIDAYです。

「あぁ」

――こんなところで、何を?

「散歩を、ハイ」

淡々と答えながら歩き始める草なぎ。酒の匂いはしなかった。フゥ。

――『SMAP』解散からもうすぐ半年が経ちますが……。

「あーぁ、なんか、すみません」

――えっ、「すみません」て……。

「あの、何も答えられないんです」

――そういうことですか。

「じゃあ、わたしはタクシーに乗って帰ります」

やわらかな口調でそう言うと、大通りの向こうに目線を送ったのだが……哀しいことに、一台も来ない。

タクシーを諦めたのか、自宅方向へトボトボ歩き出した草なぎ。FRIDAY最新号では、草なぎの最新カットも掲載している。

(引用元 フライデー)

この話題にネットでは

「記事を読んだが奇行でもなんでもない。ふざけた見出し付けるな」

「ワンコとお散歩、いいじゃないですか」

「何が言いたい記事なのか良くわからんっていうか…何かいやな感じ…」

「犬かわいい」

「ただ犬の散歩してただけっていう話www」

「情緒不安定だな、この人」

「散歩して疲れて休んでたら奇行とか書かれるのか」

「歩道で足放り出して座ってたら奇行だよ。擁護してる奴は常識ないのかな」

「疲れてるんだろうな」

「ぷっすま無くなったらヤバい」

「キアヌ・リーブスも、一時期、こんなじゃなかった?」

「奇行とかひでえ言い方だな」

という声も。

愛犬を抱っこする草なぎ画像


名前 ナリスマシ対策

コメント


2017/05/19 13:39
子犬や老犬は今の時期でも暑さに気をつけ休憩入れつつ散歩するの普通の事で奇行でもなんでもない!通行人の邪魔になってたのなら注意されても仕方ないかもだけど、本当に邪魔なのは記者の方でしょ!
2017/05/19 13:17
犬の散歩を邪魔したアホな記者ってことか。マスコミが草なぎを迷惑扱いしたことが迷惑だ。
芸能人ブログ全集