元幹部が告発&石原プロが解散へ


石原プロモーション元常務・仲川幸夫氏の「会社を畳みたい渡哲也と対立し、会長側からクビを宣告された」「本当にひどい。僕は渡さんを一生お恨み申し上げます」という告発を週刊新潮が報じています。

(以下引用)

「今、語っておかないと、これまで40年間、石原プロで勤め上げてきた僕の人生に悔いが残ってしまう」

と語るのは、「石原プロモーション」元常務の仲川幸夫氏(77)である。仲川氏が、設立者・石原裕次郎の未亡人であるまき子会長(83)から、配達証明郵便で“クビ”を宣告されたのは3月10日のことだった。

同月30日、石原プロは新役員人事を発表し、渡哲也(75)を「相談取締役」とした。これを知った仲川氏は、自身の退任に渡が関わっていたと察し、ショックを受けたという。

「僕の退任劇は昨年11月12日、渡さんの自宅で、会社の今後について話したところから始まったと思います」(仲川氏)

以前から会社を畳みたいと公言していた渡は、この日も“会社をまき子さんに返して自由にやってもらえばいい”とこぼし、石原プロを辞めると言い出したという。

会社を残したい仲川氏は当然慰留したが、これを機に渡との関係が悪化。その後、仲川氏の“失言”もあり、渡・まき子会長側との溝は決定的なものになる。

今回の役員人事は、会社を畳むための布石であると仲川氏は断言する。

「僕から直接話を聞かず、この仕打ちは本当にひどい。僕は渡さんを、一生お恨み申し上げます」(同)

石原プロの統括取締役・浅野謙治郎氏は、「渡さんの頭のなかに、解散という選択肢があるのは事実です」としたうえで、仲川氏の退任と解散との関係は否定するが――。

4月20日発売の「週刊新潮」にて、仲川氏の告発の詳細を掲載する。

(引用元 週刊新潮)

この話題にネットでは

「むしろ渡さんは石原プロのために身をささげてきただろ」

「内情は複雑な事だろうけど、解任されたのが77才。もう十分働きましたよ。一般企業ならとっくに退職しています。ご隠居されて下さい」

「仲川の失言の内容が気になる」

「どんな失言したんだよ」

「自業自得じゃねぇか」

「すでに「石原プロ」は、消えて行く時期になったってことが分からんだけ。それを、夫人も渡哲也も悟っているが、この元常務は、メシの種を失いたくなかったのだろうな」

「みんな後期高齢者…。時代の流れを感じるとともに、その年齢になっても人間は争うものなんだなあと、改めて認識しました」

「もう金ないんだろ。しょうがないよ。稼ぎ頭がいないんだから」

「結局、若手は育たなかったな」

「21世紀の裕次郎とかやってたけど結局一本も映画作れなかったな」

「これで渡さんを悪者にして、っていうのは無理があるだろ?」

「老兵は立ち去るのみ」

という声も。


名前 ナリスマシ対策

コメント


2017/04/19 22:05
↑に複雑ってコメあるが、全く複雑でも失礼でもない。会社重役、ほぼ社長の渡がもう経営止めるってだけの話、んで役員が仕事無くなるから会社経営止めんな!って持論言ってるだけの話。金回りとか昔から色々大変だったみたいだし、もういいでしょ、年配ゆうじろう妻に赤字見せたくなかったのが分かるし。
芸能人ブログ全集