浜田「ごぶごぶ」復活で相棒に注目

i-mobile

昨年3月に突然終了したダウンタウン・浜田雅功さん(53)の名物番組、MBS「ごぶごぶ」(関西ローカル)が、レギュラー放送で復活することが18日深夜に放送されたSP版のラストで告知され、次週25日に“3代目”の新相棒が登場することが分かったとか。

(以下引用)

同番組は浜田が07年から昨春まで9年間、地元・関西で出演していたレギュラー番組。

07年から東野幸治(49)、14年からロンドンブーツ1号2号・田村淳(43)を相棒に「五分五分」の立場で、街をぶら歩きする深夜バラエティーとして人気だったが、昨年3月29日の「放送10年目突入SP」の最後に、同局制作局長からのビデオメッセージで番組終了が通告され、浜田が「こんな終わらし方しよった」と苦笑し、あっさりラストを迎えていた。

今回、4月11日と18日に浜田と田村のコンビで2週連続のSP版が放送され、ゲスト参戦した吉村洋文・大阪市長(41)を買い出しのパシリで走らせるなど、相変わらずのノリで街ぶらが進んだ後に、18日の番組ラストで「ごぶごぶ レギュラー復活!!」のテロップが表示された。

「さらに 次週重大発表!!」として次週予告がスタート。浜田が冒頭で半笑いになり「えっ」と不思議そうな顔をするシーンが流れた後に、番組のステッカーが映し出された。これまで田村の顔写真があった部分が「?」で伏せられ、新相棒が登場することが示唆されていた。

放送後、ネット上では番組復活を喜ぶ投稿が相次ぎ、新相棒について「東野復活」「淳でええやん」と求める声のほか、「岡村」「澤部」「後藤」と予想する向きや、伏せられた新相棒のシルエットから「笑福亭笑瓶」ではとの指摘も。

同番組は、番組方針で番宣などは一切行わず、14年の相棒交代も、昨年の終了もすべて「突然」が慣例となっている。

(引用元 デイリースポーツ)

この話題にネットでは

「本当の五分五分感を出せるのは東野しかいない」

「淳と浜田はお互い微妙に遠慮してるよな」

「淳はいまいちだったな。というか東野がベストすぎたんだよな。東野復活して欲しいわ」

「俺は淳とのも結構好きだったよ」

「東野って浜田にツッコミいれまくってたからな。そして煽りまくってたし。あれが出来る芸人は芸能界に東野ぐらいしかおらん」

「ごぶごぶは浜田がポンコツのボケというポジションなのであまり遠慮せずツッコめるパートナーじゃないと成立しない」

「もうライセンスとかいらない」

「淳と二人だけの頃は見てたけどライセンスが出てきてから脱落したわー ケンゴローは1回目で脱落」

「関西の芸人さんがいいな。淳は関東だからいろんなお店に行ってもエピソードが無いし。知らない事だらけ。それにどうしても浜ちゃんに遠慮が見えるから面白くなかった。ライセンスも浜ちゃんに可愛がられてるから出れてるけど、まじつまんない」

という声も。

i-mobile

名前 ナリスマシ対策

コメント


コメントはまだありません

芸能人ブログ全集