入園式に矢部&青木アナの姿


ナイナイ矢部浩之さん(45)と青木裕子アナ(34)が長男の入園式で女性自身に直撃インタビューされたとか。

(以下引用)

「ママと一緒に記念写真、撮ろうな。ほら、ちゃんと正門の前に並んで立って。ピースサインちゃうやろ、そこは笑顔や!」 

4月中旬、都内私立幼稚園の入園式に、ナインティナイン・矢部浩之(45)ファミリーのほほえましい姿が。

矢部と青木裕子アナ(34)夫妻は、長男(3)の“園活”に奮闘。その甲斐あって、みごと“御三家”と呼ばれる超名門幼稚園に合格した。倍率10倍の難関を突破した“エリート息子”の晴れ舞台とあって、矢部も大張り切り。この日はハンディカム片手に、カメラマンに徹した。

「ビデオを何回も見直しては、息子さんや青木さんの姿を飽きることなく撮り続けていました。最後は青木さんにカメラを手渡し、矢部さんも息子さんと記念撮影。誇らしげな表情でしたね」(前出・保護者の1人)

入園式を終え園外に出て来た矢部一家を本誌は直撃。“一家勢揃い”での初インタビューだ。

――名門幼稚園に合格されてさぞお喜びでは?

「嫁がいろいろ調べてくれて、ここに決めました。もちろん、今日、こうして入園できて、とっても嬉しいですよ」

目尻を下げて、笑顔を見せる矢部。この幼稚園は、慶應幼稚舎への合格率が高いことで知られている。矢部夫妻も息子の幼稚舎入学を目指しているのか聞いてみた。

「アハハ、いやいや今日やっと幼稚園に入ったばかり。僕も嫁も、慶應にそれほど強く入れたいと思っているわけではないですから」

矢部は否定するが、慶応大学出身の青木としては「息子を母校に」という思いがあるのかも。

――将来、どんなお子さんに育ってほしいですか?

「サッカーのうまい子供に育ってくれたら(笑)」

結婚3年、昨年1月には次男も誕生した。いまの夫婦関係について矢部はこう語る。

「いまも嫁はんとは新鮮で、毎日が楽しいですよ。子供たちとも毎朝、サッカーしてね。『いつかはサッカー選手』なんて夢も。どんだけ親バカなんや(笑)」

そばにいた長男が「パパ、早く行こうよ」と何度も催促。すると青木が、「息子がやかましくて、すみません」と頭を下げた。

――3人目のご予定は?

「女の子いいですね〜。このとおり(長男を指し)腕白で大変ですから。これがもう1人いて、家の中は毎日てんやわんや。それでも(もう1人)いてもいいかな」

そして最後に、青木が行き届いた挨拶をしてくれた。

「取材、ありがとうございます。お疲れさまでした」

笑顔で去って行った矢部一家は近くのワインバーへ。長男の前途を祝って夫婦で乾杯したのだろう。そんな愛息に託す夢は“サッカー選手”のパパ、“慶應ボーイ”のママ!?とはいえ、長男をはさんで仲良く歩く矢部夫妻の後ろ姿は、幸せオーラ満開だった。

(引用元 女性自身)

この話題にネットでは

「大変そう。慶應に行かなければ幸せになれないみたいな必死さ。矢部氏はそんな所の出じゃないから、奥さんの言うがままなんだろうけど」

「矢部は、慶応は似合わない。青木と、結婚する前の矢部の方が、矢部らしさが、あったと思う」

「ここまで追い掛けられると迷惑だな…」

「最近のママの入園式ファッションは 喪服みたいなのね」

「派手な服装ならTPOがないと騒がれる世の中。黒は無難な判断。入園式に派手さは不用」

「都内お受験幼稚園の入園式では、両親の服装は驚くほど皆さん同じで、濃紺スーツと濃紺ワンピースがお約束だから、奥様の服はまさに典型。ただ矢部さんのネクタイが暗い。実際は何色だったんだろう」

「都内私立の式典は皆濃紺スーツでの参加が普通です。明るい色なんて入学式に着て行ったらその後が怖い」

「青木裕子ってTBSにいた頃不倫して人の家庭壊したのに、今は楽しそうに良いママぶってるんだね」

「父親の学歴は関係ないんだ。それとも芸能人枠?」

「世の中、やっぱりお金だな。お金で早慶学歴買えるし」

「分不相応、いつかズッコケる」

「コメントに、嫉妬が多いね。いい家族だと思うけどね」

「追っかけ回す取材に対する対応が紳士だな」

という声も。

入園式の矢部&青木アナ画像


名前 ナリスマシ対策

コメント


コメントはまだありません

芸能人ブログ全集