中居へのネガキャンが始まった!?


週刊女性が「中居正広、熱愛相手の武田舞香を“ワンルーム8万円”の部屋に住まわせる」という記事と「中居正広、武田舞香との“6年愛”のウラで隠してきた「年下女性の存在」」という記事を報じているのですが、どちらの記事内容に対しても「中居潰しが始まった」「憶測だけで悪意のある書き方をするのはどうかと」「やっぱりこういうマイナスな記事が出る」という声があがっています。

まずは「中居正広、熱愛相手の武田舞香を“ワンルーム8万円”の部屋に住まわせる」という記事です。

(以下引用)

3月15日、“元SMAP”となった中居正広(44)に熱愛報道が持ち上がった。お相手は、振付師でダンサーの武田舞香(32)だという。

(中略)

「付き合い始めたのは6年以上前ですね。すぐに半同棲を始めたという話ですが、彼女がひとりで住む部屋は、中居さんが暮らす都内中心部の超高級マンションから目と鼻の先のところ。

家賃が8万円台のワンルームです。駅から近い好立地なので、この家賃だとあまり広くはないでしょうね」(スポーツ紙記者)

いわゆる“スープの冷めない距離”で、中居が住まわせているとも言われる。

「“出不精”の中居さんの代わりに、彼女がかいがいしく食事や買い物などの身の回りの世話をしていたのでしょう。すでに“奥さん”のような存在とも言えますが、“都合のいい女”にも思えます。用件を言えばすぐに駆けつけてくれるわけですからね。

中居さんほどの財力を持った男性が、結婚を考える本命女性に“ワンルーム8万円”の部屋しか与えないというのはどうなんでしょうか……」(ワイドショー関係者)

熱愛報道の翌日に武田のマンションを訪ねると、夕方に1台の高級車でやって来て、2人の女性がスーツケースやビニール袋に入った女性ものの衣類を車内に大量に詰め込んでいた。

──武田舞香さんのご家族、ご関係者の方ですか? 

こちらが声をかけると、予想していたかのように「違います。武田ではありません」と答え、すぐさま車を発進させたのだった。その後は、夜になっても彼女の部屋に明かりがともることはなかった。

「武田さんは板野さんのインスタグラムによく登場していますが、彼女自身のアカウントは今のところ見つかっていません。SNSにアップした写真から“彼氏”の存在がバレてしまうのを警戒しているのでしょう。国民的スターとの恋愛ですから誰かに話したいはずですが、中居さんとの生活を大事にするため慎重になっているようです」(前出・スポーツ紙記者)

けなげで一途な思いなのだろう。しかし、交際が明るみに出たことで中居の気持ちが変わってしまう可能性も。

「歴代の彼女を見ると、交際報道から間もなく破局を迎えているんです。知られたとたんに冷めていくのか、マスコミからマークされることを煩わしく思うのか。あるいは周囲から結婚を期待されるのが嫌なのかもしれません」(前出・ワイドショー関係者)

(引用元 週刊女性)

そして次は「中居正広、武田舞香との“6年愛”のウラで隠してきた「年下女性の存在」」という記事です。

(以下引用)

ひとつ気になるのは6年という武田との交際期間だ。『週刊女性』では5年前の'12年に、彼が“チーム中居”のメンバーとオーストラリアへお忍び旅行をしていたことを報じている。

このときに同行していた女性が武田かと思いきや、実は一緒に休暇を過ごしたのは別の女性だったのだ。

「30代くらいのスラリとした美人を、中居さんが連れていたので驚いてしまいました。ニット帽に黒縁メガネにマスクと変装してましたが、オーラは消せてませんでしたから、すぐに中居さんだとわかって。彼女が少し後ろをしっかりとついていく姿が印象的でした」(居合わせた観光客)

いったい、どんな女性だったのかというと、

「おしゃれなハットを取ってきれいな長い髪をかきあげる仕草や、ジーンズのはきこなし方がカッコいい女性です。浮ついたところがなく、落ち着いた雰囲気でしたね。あえて、中居さんとは一定の距離を取っていたところもさすがという感じでした」(前出・観光客) 

5年前といえば、武田との交際がすでに始まっていたタイミング。前出の女性が旅行に同行することは、武田も知ったうえでのことだったのだろうか。

「この時期に、中居さんが周囲に“彼女”として紹介していたのは、武田さんではなくこの女性でしたよ。オーストラリア旅行も、本来は中居さんが旅行代金を全員分出すつもりだったそうですが、彼女が“なぜ、あなたが支払わなければいけないのか”と猛反対。結局は、ほかのメンバーも自腹で行くことになったそうです。そのくらいしっかりとした芯のある女性でしたね」(中居の知人)

国民的アイドルに対しても、一歩も引かずにグイグイ自分の意見を言ってくる。そんなところに彼も惹かれていたのかもしれない。

「中居さんと武田さんの関係は、6年間ずっと順風満帆だったというわけではなく、くっついたり離れたりを繰り返していた時期もあったといいます。ですから、豪州旅行のころは、ふたりの気持ちが少し離れていたのかもしれませんね」(前出・中居の知人)

武田が中居を結婚へと向かわせる運命の女性だったのなら、近い将来、おめでたい報告を彼の口から聞ける日が来るのかもしれない。

(引用元 週刊女性)

この話題にネットでは

「読んで嫌な記事でした」

「やっぱりこういうマイナスな記事が出る。確証もない憶測で話す様な関係者は、信用ならない」

「住まわせるってどういうこと?不倫している親父が若い愛人囲ってるわけではないし、30過ぎで自立した女性だったら当然自分で家賃払ってるんでしょ」

「8万円なら自分で払ってんでしょーよ!25万とかなら住まわせてんのかよってなるけど、想像だけの記事でよくこんなにかけるよね」

「中居で8万て、女の扱いがわかるな」

「ケチだな中居」

「32でワンルーム暮らしって可哀想」

「かと言って高級マンションだったら、それはそれで悪く書くんでしょ?」

「可哀想に住んでる場所まで探し当て何がしたい?別にイイじゃん。住まわせるって言い回し気にいらんなぁー」

「お、ジャニーズ側から出てきたか」

「ジャニーズ事務所はタレント守る為に機能してないよね。中居くんに嫌がらせしてるみたい」

「8万のワンルームとか、こぢんまりとか大きなお世話!」

「あーこりゃ確実に結婚相手じゃないなw」

「本気で結婚考えてるならこんなものでお金使う必要もないししっかりしてるんじゃないの?」

「オーストラリアに行く時に撮られたのは、ヘアメイクさんの奥さんですよ」

「これ、ラジオで色々書かれたガセの熱愛記事の中で特に嫌だった2つの内の1つって言ってたよね。大体本当の中居の知人は週女に喋んないでしょ」

「他ジャニの醜聞は無視して、やたら中居恋人ばかり解禁してるけどどうしちゃったのだろう?」

「小山とか松潤とか問題起こすやつがいると、櫻井翔くんとか中居くんとか他のタレントも利用して尻ぬぐいさせたりする事務所だよね。やな感じ」

「まぁ次から次へと ある事ない事出てくるね…」

「週刊女性は中居に恨みでもあるんか?(笑」

「書き方に悪意が感じられる」

という声も。


名前 ナリスマシ対策

コメント


2017/03/21 13:29
ジャニから退社するからだろうな。辞める洋梨は全部関わる内容に抗議もしない事務所のスタイル
芸能人ブログ全集